So-net無料ブログ作成

<未成年後見人>「分析したい」長妻厚労相(毎日新聞)

 児童福祉施設などで暮らす子供のうち、両親との死別などで親権者がいない子の「未成年後見人」のなり手が少ない問題について、長妻昭厚生労働相は23日、「重要な点で問題だ。(民法上は個人しかなれないが)法人や機関がなるのが適切か、なぜ少ないのか分析したい」と述べた。参院厚生労働委員会で、近藤正道議員(社民)の「児童相談所長の要請で選ばれた未成年後見人は(89年から20年間で)わずか134人」との質問に答えた。

【関連ニュース】
社説:鳩山政権への手紙 長妻昭様 夢や人間力も必要です
参院予算委:長妻氏が新語提案、「イクメン」「カジメン」
長妻厚労相:年金事務所視察、改善要求を連発
読む政治:子ども手当法案 2万6000円の呪縛、苦悶する長妻氏
「長妻流」で巻き返し 強権「一匹オオカミ」(その1)

衆院外務委員会参考人質疑(東郷和彦元外務省条約局長意見陳述)(産経新聞)
福岡・切断遺体、被害女性に交通事故トラブル(読売新聞)
住民自ら判断も=集中豪雨時の避難−内閣府検討会(時事通信)
「非正規」男性、結婚に困難=子どもの有無も「正規」と開き−厚労省(時事通信)
【科学】山崎さん、宇宙で「南極食」 凍結乾燥の卵焼き、牛肉しょうが焼き(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。